ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > ハワイアクティビティを楽しむ レンタカーで楽しみたいハワイ

ハワイアクティビティを楽しむ ハワイアクティビティを楽しむ 歴史的建造物巡り

HAWAIIに行くなら、レンタカーを借りよう!
「ハワイに来た!」という開放感から、オープンカーや、日本で乗る機会の無い車を選んで、思う存分ドライブでハワイを楽しもう!

国際免許について

「ハワイでは国際免許証ではなく、21歳以上かつ、日本の免許証を持っていれば運転は可能。
国際免許があれば、持っている免許証の英語のIDとして使えるため、事故やトラブル等何かあった時には便利。

 

借りるなら日本?ハワイ?

既にレンタカーを借りることが決まっているのなら、早めに日本で予約をするのがおすすめ。現地にも日本人スタッフが対応するレンタカーはありますが、日本で事前に予約をすれば安心ですし、割引が適応される場合もあります。

現地で借りるメリットはやはり、その時の気分やプランにより合わせて変更でき、天気がよければオープンカーを借りてハワイの気持ちのいい風を堪能できるのもならでは。

 

ハワイと日本の違い

1.時速表示

ハワイの時速表示はマイルです。マイルはキロの約1.6倍。 日本の感覚で、速度メーターを60に合わせ走行すると約96キロほど出していることになるので、スピードの出しすぎには注意です。

 

2.左ハンドル&右側走行

ハワイはアメリカなので、もちろんハンドルは左の右側走行。また、右折ならば、赤信号でも一時停止をすれば走行が可能。必ず左の安全確認と歩行者を確認してから曲がりましょう。但し、「NO TURN ON RED」の標識は赤信号での右折は禁止です。

 

3.高速道路

なんとハワイは高速道路が無料!そのため時間帯により渋滞してしまうので、あらかじめプランは考えておきましょう。

 

4.レンタカー

ハワイのレンタカーにはカーナビが付いていない物がほとんど。
付いている場合でも、日本のように詳しいものではなく、とてもシンプルな地図になっており、初めての方には不安です。
事前に道の下調べと、スマートフォンでカーナビのアプリをとっておくのがおすすめ。
もちろん、wi-fiのご準備も。

 

5.駐車方法

基本的に駐車は前方駐車になります。「後方駐車禁止」の表示がない限り、バックでもかまいませんが、ハワイの基本は前方駐車です。

 

6.ガソリンを入れる注意

ハワイも日本同様にセルフサービスがほとんどです。日本でセルフサービスのガソリンスタンドを利用されている方であれば、操作も簡単。
3種類のガソリンが売られていますが、レンタカーはもちろんレギュラーを選択してください。ガソリンの表記価格は、1ガロン(約3.78リットル)あたりの価格。くれぐれも、給油中の盗難にはお気を付け下さい。

 

7.チップ

ホテルに多くみられる、「バレーパーキング」の場合は、チップが必要になります。
始め、車を預ける際にはチップは必要ありませんが、ホテルから出る際にスタッフが車をエントランスまで出した時に2〜5ドル程のチップを渡しましょう。

 

8.標識

ハワイと日本では交通ルールが異なるため、日本では見かけない標識も沢山あります。
そんな標識を思い出の一つとして写真に残すのもおすすめ。
例えば、マウイ島で見かける「ウミガメ注意」の看板や「ハワイアングーズに注意」等、思わずくすっと笑ってしまう看板は、運転中の疲れも癒してくれます。

 

車があるならここに行きたい!おすすめスポット

アラモアナ・ショッピングセンター

移動中の荷物も気にせず、らくらくできるショッピング。
ハワイで買い物するなら、アラモアナ・ショッピングセンターがおすすめ!
東京ドームの4倍以上の広さを誇るアラモアナ・ショッピングセンターは日本でもまだ出店されていないブランドもあり、ハワイならではの買い物が可能。
ホノルル空港から車で約20分。

ハロナ潮吹き岩

岩の割れ目からクジラの潮吹きのように見える波の高さは約10m程。
オアフ島の東側に位置し、映画等の撮影などにも使われていることから、観光客からとても人気のあるスポット。
トイレや広めの無料駐車場もあるため、時間を気にせずのんびりした時間を過ごせます。

車を駐車する際には、貴重品の管理は十分に気を付けましょう。
また、ハワイと日本の時差は8時間あります。運転には充分に注意して楽しくハワイを過ごしましょう。

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る