ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > ハワイアクティビティを楽しむ ゴルフ

ハワイアクティビティを楽しむ ハワイアクティビティを楽しむ ゴルフ

ゴルフ

ハワイは雨が降る事も少なく、カラリと晴れた気候は一年を通して過ごしやすい事から、自然の芝の広がるフィールドでゴルフを楽しみたい人にとっては最適な場所です。
オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島を合わせて80以上のゴルフコースがあるのが特徴的です。
広い芝生をはじめ、森林や海岸沿い等自然を生かした様々な場所でのプレイが可能です。

ハワイでのゴルフ場の種類

ゴルフ

ハワイのゴルフ場は大きく分けて、リゾートコース、パブリックコース、プライベートコース、ミリタリーコースの4種類に分類するこ事が出来ます。

リゾートコース

リゾートコースはその名の通りリゾート地にあるゴルフ場で、リゾート地のホテルなどの宿泊客など誰でも自由に使用する事が出来ます。また、著名なデザイナーがコースの設計をするなど、戦略的にも楽しめるコースです。
料金は少しかかりますが、誰でも快適に使用出来るでしょう。

パブリックコース

パブリックコースはその名の通り市営公共のゴルフ場。誰でも使用出来るゴルフ場ですがその分利用者も多くローカルな人々も頻繁に訪れ込み合っているため予約が取りにくいため旅行者はプレイ出来ない事が多い場所です。

プライベートコース

プライベートコースは日本でいうと会員制のゴルフ場となります。ワイアラエCCやオアフCCが有名ですが、原則として会員(メンバー)同伴でないと使用出来ないので、旅行者がプレイする事は難しい場所です。

ミリタリーコース

ミリタリーコースもある意味利用者が限られるという点では会員制のプライベートコースに近い場所です。
ミリタリーコースは米軍基地内に存在し、米軍関係者のみ、もしくは米軍関係者と同伴でないとプレイの出来ないゴルフ場です。

ハワイでゴルフを楽しむためには

ハワイでのゴルフ場の予約

ゴルフはハワイでも人気のスポーツで、パブリックコースなどはいつも大勢の人々で賑わっています。日本の打ちっぱなしやゴルフ場のように当日に訪れてその場でプレイという事は出来ませんので必ず予約を取る必要があります。
それぞれのゴルフ場に問い合わせて連絡をするか、ゴルフエージェントを介すると安心です。
予約の際にはゴルフクラブのレンタルも申し込んでおくとスムーズです。

キャディーとゴルフカートについて

ハワイに限らす欧米ではアマチュアゴルフプレイヤーのセルフプレイにはキャディーがつかない事が殆どです。
キャディーとはゴルファーの荷物を運んだり戦略を与えたりする人の事。
ゴルフ場にハウスキャディーを抱えている施設もありますが、セルフプレイの場合は電動ゴルフカートを借りる事をおすすめします。こちらも予約の際に伝えておく必要があります。
日本ではキャディーが芝の後処理をしてくれますが、ハワイではキャディーが付きませんので、芝の保護や危険防止のため、「Cart Only Path」の標識が標示されたカート道路を走りましょう。

キャディーとゴルフカートについて

ゴルフクラブ よっぽどこだわりのある場合を除いて、わざわざ日本から重たい荷物を持参するのも億劫ですので、現地でレンタルすると良いでしょう。大抵のゴルフ場でゴルフクラブはレンタル可能です。

ゴルフシューズ 日本から持参してもいいですがハワイで買う事も可能です。
ハワイのゴルフコースはスパイクシューズの禁止されている場所が多いので、スパイクの無い物、またはソフトスパイク、スニーカー等を用意しましょう。

ゴルフウェア ドレスコードのあるコース以外では特に注意を受けたり、プレイが出来ないという事はありませんが、その場所に合った服装をする必要があります。基本的に男性は襟付きシャツと長ズボンがベストです。短パンやTシャツでプレイしている人も見かけますがあまり良い印象は受けません。
何より、ハワイの日差しは日本とは違い紫外線を多く含み想像以上に激しいので、肌の露出した服装をしていると翌日に日焼けで大変な事になりかねません。日焼け止めはウォータープルーフタイプのものを必ずこまめに塗るように心掛けて下さい。
また紫外線対策にサングラスを用意し。帽子やサンバイザーなど対策をしっかりと行いましょう。

グローブ ゴルフ場でのグローブのレンタルは基本的にはありません。自分で持参しましょう。

飲食物 水分補給は必ずしましょう。気温が高く湿度の低いハワイでは熱中症の恐れがあります。
一度ゴルフコースに入ると飲食物を販売している施設はほぼありません。ワゴンに乗せてコースにフード販売が来る場合は稀と考え、持参するか入口のクラブハウスで飲食物は購入しておく事が基本です。
また、ハワイでは屋外での飲酒が禁止されていますのでアルコールの持参はNGです。

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る