ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > お役立ちコンテンツ > ハワイで語学留学 ハワイに留学するには

ハワイに留学するには ハワイで語学留学 ハワイに留学するには

ハワイで語学留学 ハワイに留学するには

英語の学習を目的に留学をする場合、一般的な渡航先といえばアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどでしょう。ハワイとは少し意外かもしれませんが、日本人の留学という観点から見ると実はこれほどの穴場はないのです。
よく言われるように、ハワイは世界一日本人が過ごしやすい外国です。また、温暖な気候と豊かで美しい自然が身近にあり、治安は良好。
日本の食材は簡単に手に入りますし、日本語の通じる医療施設も整っていていざという時にも安心です。
つまり、日本人がリラックスして勉強に集中出来る環境が整っているのです。また、多くの人種が暮らすハワイには語学学校が充実、そのそれぞれが様々な目的に応える多彩なプログラムを用意しています。さらにお金のかからないレジャーも多数。海水浴やトレッキングなどを自由に楽しみながら、充実の留学生活を送れます。

ハワイ語学留学の方法

ハワイ語学留学の方法

留学手配会社を利用する

せっかくの長期滞在なので自炊も楽しみましょう。日本でもコストコなどの大型スーパーはお馴染みですが、ハワイなら見慣れない乳製品や、冷凍食品、調味料などが満載なので見ているだけでも楽しめます。店によってはオリジナルブランドもあり、価格も安く商品も豊富。
もしバーベキューガーデンなどの施設があるコンドミニアムに滞在するなら、新鮮魚介類などの地元食材でバーベキューを楽しむのも良いですね。また、惣菜類もポテトサラダなどの定番から、ポキやロミロミサーモンなどは気軽に試食も出来て種類も多彩。料理を作るのが面倒な日はもちろん、外食をしなくてもハワイ気分が味わえます。

旅行会社を利用する

「旅行商品」としての留学プログラムに参加する方法です。
「企画旅行タイプ」と「手配旅行タイプ」に大きく分かれ、前者は観光ツアーと同じように日程や学校、滞在場所や料金等があらかじめ決まったプログラムに申し込む形式。
後者は、希望に合わせて自由にプランを決められますが、業者は本人の代わりに手配を代行してくれるだけなので旅程での責任保証はありませんし、キャンセルの場合も払い戻しのないものが大半です。

国内の語学学校で申し込む

英語学校での申し込みは手配会社を利用する場合とほぼ変わりません。
きめ細かなプランをコンサルタントとともに詰めながら、書類作成や事務手続き等、手間のかかる作業は全て代行してもらえます。手配会社と違うのは「提携校」や「姉妹校」があったり、規定の基準を満たせばTOEFLを受験しなくても留学できたりするなどのメリットを得られる場合が多いこと。
さらに留学後の現地でのインターンシップを斡旋してくれる学校もあります。

高校や大学で申し込む

英語教育や国際教育に熱心な高校の提携校に留学する方法で、期間は3ヶ月から1年程度。
学校で事前に十分な準備をした上で留学する場合が多いようです。
学校間での留学となるために特に手厚いサポートが期待でき、卒業後に海外の大学に進学をする際は有利になるケースも。また、大学間の留学の場合は希望のプログラムを選び、成績や出席状況、TOEFLの点数等を踏まえ、筆記テストや日本語での面接などを経て留学する場合が多いようです。

海外の学校に直接申し込む

まず初めに留学先を選びます。その後、学校の入学事務局に資料請求や願書の請求を送信。
必要書類を提出して合格通知が届いたら、現地での生活場所の手配や留学用ビザやパスポートの申請、保険への加入等も全て自分で行います。
手配会社等に代行してもらう場合と違って少し手間はかかるものの準備の費用を節約出来ますし、何よりも様々な経験を事前に積めるため、留学してから現地で役に立つスキルが多く身に付くでしょう。

スタディ・ハワイ
そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る