ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > バケーションレンタルとは バケーションレンタルで気を付けるポイント

レンタル物件の探し方 バケーションレンタルとは バケーションレンタルで気を付けるポイント

事前トラブルを防ぐためにも支払い方法をチェック

事前トラブルを防ぐためにも支払い方法をチェック

バケーションレンタルとは、オーナーが部屋を使用しない期間、物件を第三者へ貸出するレンタルサービスのこと。
つまり、室内の家具や備品等は全てオーナーの所有物です。損傷、紛失した場合は、利用者の負担となります。
また、タオルやシーツの洗濯、交換はもちろん、ホテルのような毎日の部屋のクリーニング、ベッドメイキングはありません。その他、アメニティグッズやトイレットペーパーの補充といったサービスもありませんので、自身で対応する必要があります。設備などについて不具合が無いように整備はされていますが、万が一困った時や必要なサービスを受けたい場合は管理会社に相談しましょう。
また、支払い方法やキャンセルポリシーについても事前にチェックをしておくことが大切。バケーションレンタルの場合、一般的に予約時に予約金を支払い、チェックイン日の1ヶ月前程度に全額を支払う必要があります。

支払い方法としては、クレジットカードや小切手で受け付けている物件もありますが、海外送金やPaypalでの支払いを指定される場合もあります。キャンセルポリシーは、通常はチェックインの1ヶ月前まではキャンセル手数料のみがかかり、それ以降(1ヶ月以内)は全額返金出来ないというところが一般的です。
物件によって条件は変わりますので、予約時に必ず支払い方法とキャンセルポリシーを確認しておきましょう。

レンタル物件の予約方法を知ろう

現地でのトラブルを防ぐために注意しておきたいことはもちろん、現地に到着してから気を付けたいことをご紹介します。

セキュリティーデポジット

鍵の紛失やユニットの損傷や汚れなど、保証のためには事前にデポジットが必要です。通常は問題がなければ1ヶ月以内に返金されます。

チェックイン方法

チェックインオフィスで鍵を受け取る方法とスタッフが物件のチェックインに同行する方法があります。
そのほか、事前にチェックイン方法が通知され、その物件へ直接行くセルフチェックインがあります。

レンタカーの利用

物件によっては、公共の交通機関の利用が難しい場所やタクシーを利用しても不便な場合も。
レンタカーを利用すれば行動の幅も広がりますが、利用しない場合は、都市部のコンドミニアムがおすすめです。

利用上の禁止事項

ウェットスーツや体に砂が付着したまま室内に入るのはNGです。
利用者の不注意で配管が詰まった場合は、修理費などを請求されます。その他、レンタル利用時の注意事項が契約書に記載されていますので、しっかり確認しておきましょう。

利用者について

物件に備わった設備は利用者のみが利用可能です。他の人は利用出来ないルールになっていますので注意が必要です。

その他ハワイ滞在中にぜひ気を付けたいこと

現地でのトラブルを防ぐために注意しておきたいことはもちろん、現地に到着してから気を付けたいことをご紹介します。

バケーションレンタルのメリット
その他ハワイ滞在中にぜひ気を付けたいこと

その他ハワイ滞在中にぜひ気を付けたいこと その他ハワイ滞在中にぜひ気を付けたいこと ハワイはアメリカ合衆国のひとつの州です。喫煙や飲酒、交通ルールについても日本とは異なる部分がたくさんあります。
多くのトラブルについては、日本の基準と比較して起こることが多いのが現状です。コンドミニアムの場合は、同じ建物でもオーナーによって部屋のインテリアが異なりますので注意しましょう。
一方、一軒家タイプをレンタルする場合は、管理人の有無や防犯体制もチェックする必要があります。アメリカでは契約は個人であっても契約書が必要です。

バケーションレンタルの場合、正規の免許を持った不動産やバケーションレンタル専門の管理会社と契約することが大切です。特にトラブルの場合のノウハウがある会社を選ぶことをおすすめ致します。
トラブルが発生した場合は、管理会社が窓口になるので、連絡先は必ず控えておくことが重要です。

そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る