ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > バケーションレンタルとは タイムシェアとの違い

タイムシェアとの違い バケーションレンタルとは タイムシェアとの違い

コンドミニアムで過ごす楽園ハワイの休日

コンドミニアムで過ごす楽園ハワイの休日

気候も良く過ごしやすいことに加えて、親切で心の温かいハワイの人々との触れ合いの中でロングステイを検討するリピーターも増えています。そこで注目を集めているのがコンドミニアムでのバケーションレンタル。
コンドミニアムの部屋はホテルと比べ広いだけでなく、利用者は滞在中にプール、ジャクジー、サウナ、ジム、バーベキュー設備などを使用することが可能なうえ、料金もリーズナブルです。なぜならコンドミニアムには各部屋に所有者が存在し、そのオーナーが使用しない間は旅行者にレンタルしているからです。具体的なバケーションレンタルとよく比較されるシステムにタイムシェアがありますが、両者を混同している人も多いようです。
しかし、実際は全く異なりますのでご自身の用途に合わせてどちらが向いているのか、検討する必要があります 。

バケーションレンタルとタイムシェアの違いを知る

バケーションレンタルとタイムシェアの違いを知る

タイムシェアはその性質上、別名「バケーション・オーナーシップ」とも呼ばれ、戸建やコンドミニアムを購入するよりもハードルが低いとされています。
また、ヒルトン、マリオット、スターウッド、ウィンダムといった高級物件も販売されていますので、その一室を所有することも出来ます。
さらに同系列の世界中のホテルをポイントに応じて使用出来る特典があるのも特徴です。具体的には、1年を52週に分け、1週間単位で所有権を購入することが可能です。つまり、不動産の共同持分権システムのことになります。ひとつの物件を複数でシェアをするため、リーズナブルな価格でクオリティの高いバケーションを楽しめるところが大きな魅力となっています。

また、タイムシェアとは、リゾートマンションや高級ホテルのコンドミニアムを所有・利用する期間の経費を負担することで、コンピュータ業界の専門用語の「タイムシェアリングシステム」がその語源だといわれています。

タイムシェアのメリット・デメリット

タイムシェアは不動産で州政府に登記がされますので相続や賃貸、売買が可能です。

タイムシェアのメリット

早起きをして海辺の道をランニング 1. 旅の計画が早期に決定出来る
2. 毎回決まった場所に宿泊
3. 比較的低予算で購入出来る
4. 他のタイムシェアと交換し、世界中の色々な場所に滞在可能
5. 法的に認められた財産で、相続・譲渡・売買が行える

タイムシェアのデメリット

早起きをして海辺の道をランニング 1. バケーションの時期、滞在先が限られる
2. 管理費を毎年支払わなければならない
3. 不動産物件として投資目的には向いていない
4. 利用しない年があると無駄になる可能性がある
5. 資金的に余裕が無いと購入出来ない

タイムシェアは快適で便利なシステムですが、向かない人が購入・所有しても上手に活用出来ず、ことと次第によっては損をしてしまう可能性があります。
また、1週間単位の利用で、長期滞在は2週間、長くても3週間で、それ以上のロングステイを希望する場合、たまにリゾートでマンション形式の部屋に宿泊したといときもバケーションレンタルを利用した方が良いでしょう。
タイムシェアは、結果的に割高になるケースもありますので購入の際には慎重に検討する必要があります。
そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る