ハワイのバケーションレンタル・貸別荘・ハワイリゾート情報のポータルサイト

サイトマップ 運営会社情報

トップページ > バケーションレンタルとは レンタル物件の探し方

レンタル物件の探し方 バケーションレンタルとは レンタル物件の探し方

バケーションレンタルは代理店経由で予約を

ハワイへ滞在することが決定したら、バケーションレンタルが可能な物件を探しましょう。
ホテルは旅行会社へ依頼すれば、簡単に自分の予算や日程に応じて予約することが可能です。
しかしバケーションレンタルの場合は、貸出物件それぞれにオーナーがいますから自分が渡航したいタイミングで気に入った物件が空いているか等、状況を事前に確認する必要があります。
自分でオーナーとやり取りをするのは大変な作業です。現在は日本人向けのバケーションレンタルを扱っている代理店が多数ありますから、この事前に料金や部屋を比較することこそが大切です。

バケーションレンタルの物件選びのポイント

たとえ1週間程度でも実際にそこで生活をするので物件選びは非常に大切です。
このコーナーでは、どんなところに注意をしてレンタルする物件を選べば良いのか、そのポイントをご紹介します。

物件の所在地

バケーションレンタルはあくまでも物件や設備をレンタルでするので、食事のサービスは一切ありません。
自炊が基本となりますが、それが難しいのであれば近くのレストランに行くことになりますので、
近くにショッピングセンターがあるエリアを選びましょう。

コストパフォーマンスを重視する方

ベッドルームの数は、一軒家タイプやコンドミニアムタイプといった物件ごとに異なり、
1部屋の場合もあれば5部屋あることもあります。
ベッドルームが多い物件の場合は大人数で泊まることが可能になり、ホテルに滞在するよりも割安です。

暮らすようにハワイを満喫したい方

調理器具、ランドリー、インターネット環境などは備え付けの設備内容は物件ごとに異なります。
ハワイ滞在中に自分にはどんな設備が必要なのかを踏まえて選びましょう。
中には、サーフボードや子供用のおもちゃまで利用出来る物件もあります。

宿泊料金

バケーションレンタルは、滞在期間が長いほど料金が割安になる傾向があります。
ただし、通常レンタル料金の他に部屋のクリーニング料や代行会社に依頼した場合は代行料が別途必要になるので、
短い滞在ほど割高です。

その他

各物件はオーナーか管理サービス会社から派遣された管理人によって管理されています。
カギの受け渡しなどはオーナー又は管理人が行います。言葉の心配がある場合は、
日本で運営している代理店などを選ぶ必要も出てきます。また、事前にデジポットも必要となります。

レンタル物件の予約方法を知ろう

料金

空き室の確認後、利用したい物件の空き室状況や料金の総額を確認しましょう。
部屋代だけでなく使用後のクリーニング代や州税が必要な場合もあります。

予約申し込み

料金等の確認後、各代理店の流れに沿って予約をしましょう。
不明な点がある場合は後のトラブルを避けるため、しっかり確認をすることが大切です。

予約確認書

申し込み後、デポジットの支払いが完了した後に約確認書が送付されます。
内容をチェックし、旅行時にはコピーを持参しましょう。

ハワイではバケーションレンタルの取り引きが多数行われているため、料金の適正相場やレンタルや契約がスムーズに進む仕組みが形成されています。また、セキュリティシステムやルームクリーニングなどバケーションレンタルを支えるインフラが整っていますので、安心して契約が出来ます。
そもそも「コンドミニアム」とは? オススメバケーションレンタル ハワイアン・モナーク 詳しくはこちら オススメバケーションレンタル アロハサーフ 詳しくはこちら バケーションレンタルが可能なコンドミニアム情報 バケーションレンタル体験談
トップへ戻る